会社沿革

1965年 4月ダイハツ上尾店を創立し開業準備を進める。
1966年 7月上尾市小敷谷724番地に敷地990㎡ 建屋170㎡と5人の従業員をもって
ダイハツ上尾店として開業する運輸省東京陸運局認証 (認証番号 4-1555)。
1968年 4月代表取締役 髙井 晶  資本金50万円にてダイハツ上尾店有限会社となる。
1973年 8月車検優良工場として、「埼玉県自動車整備会」会長の表彰を受ける。
1973年 9月上尾市小敷谷724番地内に建屋92・7㎡の事務所及び工場を新築し工場内に検査機器を設置する。
1973年12月民間車検場の資格を得る。運輸省東京陸運局指定 (指定番号 東指弟4-362号)
1976年 4月当会社隣接地、小敷谷722番地に敷地792㎡にて中古車センターを開業する。
1978年 1月コンピューターエンジン総合診断装置(オートセンス)を導入し整備技術の向上をはかる。
1980年 9月吊り下げ式自動車検システムを導入して作業の能率化をはかる。
1981年 5月オフィスコンピュータを導入して事務処理の円滑化をはかる。
1982年 7月優秀事業場として陸運事務所より表彰をうける。
1982年10月車両販売と車両リースを目的に販売部を新設する。
1985年 5月創立20周年記念として事務所の改装と記念式典を挙行する。
1986年 7月優秀事業場として関東運輸局埼玉陸運支局長より表彰を受ける。
1986年10月優秀事業場として関東運輸局長より表彰を受ける。
1989年 6月大型オフィスコンピューターを導入し販売、整備、リース、保険の事務処理円滑化
及び戦略的活用をはかる。
1990年 4月フォルクスワーゲン・アウディ日本正規ディーラー権の取得及び建設計画の検討に入る。
1990年11月隣接地中古車センターを改装して、ダイハツピット店看板、事務所、夜間照明を新設し
カーピットAGEOを開店する。
1990年12月フォルクスワーゲン・アウディ日本正規ディーラー権の取得及び建設の準備に入る。
1992年 5月上尾市上野33-1番地に敷地2,000㎡建屋860㎡のフォルクスワーゲン・アウディ
日本正規ディーラー(ファーレン上尾)の建設に着工する。
1992年 7月フォルクスワーゲン・アウディ日本㈱と取引基本契約書を取り交わす。
( ディーラーコード 61030)
1992年11月フォルクスワーゲン・アウディ日本正規ディーラー(ファーレン上尾)をオープンする。
1996年10月埼玉県 No1ディーラーとしてフォルクスワーゲン・アウディ日本㈱社長より表彰を受ける。
2000年11月ダイハツ上尾店(有)に於いて、翼システムカーコンビ二倶楽部を導入する。
2001年 1月フォルクスワーゲン車専売店となり名称をフォルクスワーゲン上尾
(全国統一でフォルクスワーゲン日本㈱の指定により)に改名する。
2002年 1月フォルクスワーゲン上尾に於いてISO資格9002取得する。
2002年11月ダイハツ上尾店(有)に於いて、翼システムヤマト車検システムを導入する。
2005年 4月隣接地カーピットAGEOを改装しDAIHATSU-AGEOに改名し
ダイハツピット店として新車販売及び中古車販売を稼動する。
2006年10月ニッセイ同和損害保険㈱より「ふれ愛工場」(上尾周辺地区の事故車、整備車の指定整備工場)
として契約する。
2007年 7月上尾市小敷谷400-1番地に敷地795㎡、建屋312㎡に大型塗装ブース、フレーム修正機、
スポット溶接機等を設置し、本格的板金塗装工場をオープンする。
2016年 5月ダイハツ上尾店としてリニューアルオープン。
  
 現在に至る。2016年 6月
 ダイハツ上尾店
代表取締役  髙井 晶